« 003_ワインは食べ物? | Accueil | 005_わおんた的横浜生活 その1 (我が町) »

novembre 28, 2004

004_納豆と赤ワイン

「わおんた」です。

納豆と赤ワインの組み合わせ、私は好きです。

納豆は、器に出して、からしとネギと醤油をかけて、ひたすら練ります、3分くらい。そうして、ほとんど白くなったそれを一気に掻き混む、そして、ねばねばがワイングラスにつかないよう、口をウェットティッシュでふきつつ、赤ワインを一口。驚くほどよく合います。

ポイントは3つ。

1つ目は、納豆には醤油をかけること。納豆に付属しているタレは、余計なダシが入っていたり、変な味付けになっていることが多く、あまりワイン向きではありません(普通は御飯向きなので、そりゃそうか)。だから、醤油。

2つ目は、上にも書きましたが、よく練ること。練ることによって、納豆の粒がまとまり、掻き込んだ際のねばねばが緩和されます。だから、食べやすく、ワインへのリレーもスムースです。

3つ目は、ワインは赤ワインであり、ボディーはライトよりもミディアムかそれ以上であること。いろいろ試してみましたが、ライトなワインや若いワインより、比較的濃厚でずっしりしたワインが合います。例えば、ボルドーのブルジョワ級のワインや、そんなに高級でないオー・メドックのワインと共に食すのが、私のお勧めです。ちなみに、私の場合は、贅沢にもCh.Montrose 1994と共に食してしまいました。最高です。

ちなみに、白ワインが好き、という方であれば、シャープなワインよりもまろやかなワイン、例えばムルソーなどが合うのではないかと思います。

よく合う理由は、たぶんチーズと同じ発酵食品だからではないでしょうか?なんとなく、ワインのアルコールをおだやかにして、別の味を生み出す要素が含まれているからだと考えています。

最後に、納豆自体のスペックですが、ワインとの相性という面では、粒の小さいものが好きです(ちなみに一番すきなのは、挽き割納豆ですが)。そしてブランドは、ミツカンの「金のつぶ 骨元気」です。上では「納豆には醤油」と書きましたが、このブランドだけはタレがとてもおいしく、ワイン向きです。

みなさんもどうですか?

ところで、今夜、「エンタの神様」に出ていた「レギュラー」というコンビ、久々に爆笑してしまいました。彼らの「あるある探検隊」、ネタ自体は面白くないのに、リズムと勢いで笑わせます。往時の「なかやまきんに君」の「さーこいさーこい」を髣髴とさせる面白さ。ぜひテレビで!

わおんた

|

« 003_ワインは食べ物? | Accueil | 005_わおんた的横浜生活 その1 (我が町) »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65544/2087796

Voici les sites qui parlent de 004_納豆と赤ワイン:

« 003_ワインは食べ物? | Accueil | 005_わおんた的横浜生活 その1 (我が町) »