« 014_伊東屋と丸善 | Accueil | 016_水餃 »

décembre 31, 2004

015_寧波料理

暮れも押し詰まった12月26日から、出張で中国の寧波に行きました。

寧波は上海の南・杭州湾に臨み、日本の遣唐使が上陸したところとして知られています。

かなり寒くて雨が雪に変わるほどでしたが、事故もなく無事に業務を完了できました。

出張先での楽しみは何と言っても地元の食べ物。寧波料理は、海鮮が中心で比較的あっさりしており、日本人好みの味付けです。夜は地元の方に誘われて、寧波料理屋に行き、最初からアルコール度53の白酒で杯を重ね朦朧となりつつも、しっかり地元の料理を味わいました。

印象に残っているのは、【老虎魚】という魚を醤油で煮たものです。この魚、どうも珍しいものらしく地元の人も余り食べたことがないとのこと。白身の魚で、大きさは30cm弱といったところ。川魚か海の魚か意見が分かれたのですが、海の魚なのでは?(知っている人いたら教えてください)

歯応えは、同じ白身の草魚や雷魚と比べると老虎魚は弾力性に富み、煮崩れを起こしません。味は淡白ですが、独特のうまみもあり、煮ダレの味をよく吸いとって非常においしい魚でした。ゴハンによく合います。

魚のアラをにんにくと唐辛子で炒めたものも、ゼラチン質がたっぷりで辛いながらも瑞々しい味わいでした。

最後は、寧波名物の【寧波団子】(正式名称は知りませんが)。ゴマ餡の入った白玉をお湯に浮かべたデザートで、つるつるっと何個でもいけます。

わおんた

|

« 014_伊東屋と丸善 | Accueil | 016_水餃 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65544/2426807

Voici les sites qui parlent de 015_寧波料理:

« 014_伊東屋と丸善 | Accueil | 016_水餃 »