« 013_わおんた的横浜生活 その3 (根岸台) | Accueil | 015_寧波料理 »

décembre 29, 2004

014_伊東屋と丸善

「わおんた」です。

文房具好きの二大聖地として君臨する銀座伊東屋と日本橋丸善。甲乙つけがたい存在です。

「どっちで何を買う」という明確な区別はしていないのですが、雰囲気的に、伊東屋はカジュアルで若いイメージ、丸善は重厚な大人のイメージを感じています。伊東屋の赤いクリップのマークと、丸善の135年を超える長い歴史(伊東屋も今年創業100年ですが)から受けるイメージの差でしょうか?

銀座に行くときは、必ず伊東屋のすべてのフロアに行きます。手帳のフロアと筆記具のフロアは特に念入りに見ます。手帳は11月頃から本格化する翌年の手帳コーナーを物色するのも楽しいのですが、普段でも、時折ファイロファックスの旧品番が出るので見逃せません。筆記具も時々見かけないものが出ていることがあったりします。今はどこでも手に入りますが、以前は「プレスマン」という0.9mmの200円くらいのシャープペンがここでしか見たことがありませんでした。

丸善では、ノートのコーナーが好きです。丸善オリジナルノートをはじめ、色々なカラフルノートが並んでおり、書かなくてもコレクションでつい買ってしまいそうです。丸善は文具の製造メーカーでもあり、万年筆のインクや各種事務用品なども作っています。そして丸善のもう一つの魅力は屋上にある「ゴルファーズスナック」。ここがハヤシライス発祥の地であり、時々お世話になりました。

「この店で買う」ということ自体にステイタスを感じさせることが、両者の共通点です。住んでいる横浜からわざわざたとえ100円のボールペン1本を買いに足を運ぶくらい魅力を感じます。

わおんた

|

« 013_わおんた的横浜生活 その3 (根岸台) | Accueil | 015_寧波料理 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65544/2399648

Voici les sites qui parlent de 014_伊東屋と丸善:

« 013_わおんた的横浜生活 その3 (根岸台) | Accueil | 015_寧波料理 »