« 024_しばねえさん日記 | Accueil | 026_カニはだめよ »

février 15, 2005

025_わおんた的横浜生活 その5(なくなる映画館たち)

mga「わおんた」です。

2005年2月。この月は一部の映画ファンには忘れられない月となりそうです。


関内・伊勢佐木町地区にある3つの映画館が無くなってしまうのです。


ひとつは【関内MGA】(昔の関内アカデミー)、

ひとつは【横浜日劇】、

そして【シネマジャック&ベティー】。


関内MGAはいわゆる単館的な映画館ですが、シネスイッチ銀座などで上映されている映画を流したり、「華氏911」や「誰にでも秘密がある」などの話題作からややマイナー系まで幅広く扱っていました。

横浜日劇は封切館でもありますが、特色は、永瀬正敏主演の「濱マイクシリーズ」の舞台にもなったそのレトロな外観。”Cinema Scope”と書かれた、地元民には余りに有名な入り口は、昭和30年代からほとんど変わっていないそうです。

そして、私が最も足を運んだのはシネマジャック&ベティー。ここには2つのスクリーンがあり、ジャックの方は企画モノ、ベティーの方は日本やアジアのマイナーな映画を中心に上映していました。


シネマジャックの企画モノは、まさに私の神経にズンと来るものがあり、日本の昭和30年代~40年代の映画を中心に、企画に沿って何日間か上映していました。もっとも足を運んだ時期は、5年ほど前の「市川雷蔵特集」で、60本の作品のうち50本近くを見に行ったものです。


「レンガ積上映」という言葉もこの映画館で知りました。これは、2本立ての上映方法のひとつで、Aという映画を4日、Aの3日目から同時上映のBを4日間、Aが終わるとCを4日、Bが終わるとDを4日。Aと同時上映の映画は2日ですが最後にも2日上映し合計4日。これがレンガを積んだ形に見えるから名づけられたのだと思います。


確かにみんなお客の数が少ないし、近くにはTsutayaが出来たし、経営が立ち行かなくなってきたのはよく分かりますが、私としてはビデオ屋があるからといってシネマジャックで上映していた映画を見るわけではありません。

映画館で企画をしたから、それに乗せられて見に行くから楽しいのです。

それが歩いて10分のところにあるから、うれしいのです。

確かに私も最近はそれほど通っているわけではありませんでした。そこには反省すべき点があります。

だからといって、「なくなってもいい」とはひとことも言っていません。

もし、この跡地につまらんチェーン店やマンションになったら、「横浜の良さ」がどんどん廃れていくのじゃないですか?

映画館だって会社なのだから経営上しょうがないじゃん、という人だっているでしょう。

でも、映画館は文化の担い手であり、経営者の都合や一存で決められるものではないのでは?


横浜市も雑誌を作って(【横浜 YOKOHAMA】)、過去の栄光を懐かしむのも大いに結構ですが、文化はいまも崩れているんですよ。


このままではフツーの地方都市と同じですよ。

クレイジーケンバンドに【G30】*の歌を作ってもらって悦に入っている場合ですか?
東京の文化のお古を貰って来て「横浜初登場」なんていってまだ喜んでいるのですか?
横浜のいいところは、山下公園や外人墓地だけじゃないんですよ。
応援するのは、カレーミュージアムやベイスターズだけじゃないでしょ。中田市長。


わおんた

(*【G30】横浜市のごみ減量キャンペーンソング。「ジーサンジュウ」とも読むし「ゴミゼロ」とも読む。)

|

« 024_しばねえさん日記 | Accueil | 026_カニはだめよ »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65544/2910046

Voici les sites qui parlent de 025_わおんた的横浜生活 その5(なくなる映画館たち):

« 024_しばねえさん日記 | Accueil | 026_カニはだめよ »