« février 2005 | Accueil | mai 2005 »

avril 29, 2005

033_トシロー!

寧波郊外の某街における洋服の看板。

toshiro-

・・・【利郎】です。もちろん【利郎】はブラントの名前でしょう。

が、なんとなく、このおじさんの名前が、【利郎】のように見えてしょうがないのは私だけでしょうか?

わおんた

| | Commentaires (6) | TrackBack (0)

avril 26, 2005

032_中華系!

【中華】という名の歯磨き粉。

スゴイよね。歯磨き粉に【中華】!

chu-ka

日本の歯磨き粉に【日本】と命名しますか?

アメリカの歯磨き粉に【アメリカ】と命名しますか?

インドの歯磨き粉に【インド】と命名しますか?

ジンバブエの・・・


このインド人もびっくりのネーミングの歯磨き粉。まさかとは思うが、「麻婆豆腐」味とか「回鍋肉」味ではないよね(確認済)。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

avril 22, 2005

031_凝り自慢

わおんたです。

自慢じゃありませんが(といいながら、タイトルにも「自慢」と書いてありますが)、私は凝り自慢。

特に、背骨のすぐ左右の肩甲骨あたりがどうしようもなく凝ります。

ただ凝っているだけならまだいいのですが、右側の凝りが持病の偏頭痛を引き起こすため、始末が悪い・・・

最初は、凝っているという自覚症状に始まり、だんだん上に上がってきて、肩から首筋が凝り出します。そうなると、もう頭に上るのは時間の問題で、その日いちにちが不快になりますし、会社も休む日があります。

つらいなあ~、と、ため息をつく一方、「凝っている」ということは、マッサージ楽しめること。これはうれしい。

マッサージ屋巡りは、私の趣味の一つです。仕事がら海外出張の多い私は、出張先でマッサージ屋を探すことを無上の楽しみにしています。

街でなかなか探せなくても、ホテルの中にあったりします。

また、健康グッズ好きでもあり、オフィスにはもちろん、出張にも同行させる「仲間」がいます。何度ピンチを救われたことか・・・


これから、不定期に、そんなマッサージや健康グッズを書いていこうかと思っています。

わおんた

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

avril 19, 2005

030_人生果は何を思う?

中国某市内の某スーパーで見つけた果物。

jinseika

その名も【人生果】。

食べてみるとそれほどおいしくも無いが、でも、まずいというわけでもない。そんなもの。

人生も、それほど楽しいものではないが、でも、悪いというものでもない。そんなもの。

人生を考えながら、人生果をかじる。

わおんた

| | Commentaires (13) | TrackBack (0)

avril 16, 2005

029_それはコワ過ぎる!系

火事だ!逃げろ!→ここが非常口だ!


kaji


というマーク。

ここは香港の空港。


普通に見ればそういう風に見えますが、ちょっと見かたを変えてみると・・・


左側の「火」の部分が、デフォルメされた「手」に見えませんか?

なんか地獄に誘い込む魔の手から逃れる一人の男。それでも追ってくる恐怖の手。

飛行機待ちの時間・・・ヒマだと妄想も膨らみます。

わおんた

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

avril 13, 2005

028_おまえコケすぎだよ!系

リアリティー溢れる看板。


kokesugi

香港の地下鉄の駅にて。

わおんた

| | Commentaires (0) | TrackBack (1)

avril 09, 2005

027_XX食いの旅

わおんたです。

出張で山東省に行ってきました。

山東省は5年前にも何度か行きましたが、素朴で素直な人が多く、悪い人は少ないという好い印象が残っています。

食事はちょっと塩辛いけれども、とにかく野菜がおいしく、私の好きな地域のひとつです。
(ちなみに、日本に輸出されている野菜の冷凍食品の多くは、山東省からです)

熱烈歓迎のセレモニーが終わり、さあ昼ごはん・・・と席に着くなり、ドーンとこれが。


mushi

・・・すっかり忘れていた。5年前もこれで苦労したのを。


「強制ね」と皿に置かれたこのゴレンジャー達。手前右から、

カイコレンジャー、
サソリレンジャー、
セミレンジャー、
何だか良くワカラナレンジャー、
ショウリョウバッタレンジャー

のお歴々。

5renja-


「セミはね、地面にいる間に捕まえなきゃいけないの。それを専門にしている人がいるの。で、はやく捕まえないとかたくなってしまうの」

という、ただでさえ無い食欲をさらに刺激する解説を聞きながら、かじる・・・


「旨い!」とはお世辞にも言えないが、でも、まあ、食べられないことはない、というか、まあまあイケる。

しかしこの虫たち。お客をもてなす最高の料理のひとつ。タンパク質も豊富で、虫一匹で何とかの何個分だとか(忘れた)。


わおんた

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« février 2005 | Accueil | mai 2005 »