janvier 24, 2005

023_リモワ その1

「わおんた」です。

私のカバン好きの一翼を担っているのが【リモワ】です。

最初に購入したのがスーツケース(品番忘れました)で、社会人となった1993年夏のことですから、11年以上前のことになります。初めての海外出張時に、会社から出た支度金で買いました。8万円弱だと記憶しています。今のリモワよりもやや角張ったシェイプですが、もう生産中止になっています。

リモワ自体はその前から知っていました。今井美樹が持って写っていたり(何の写真かは忘れました)、スタイリスト(この方の名前も忘れました)が、世界中を旅して表面が傷ついたりへこんだりしたリモワを自慢げに見せていたりして、気にはなっていたものの学生の分際で買えるはずもなく、「いつかはリモワに」と思っていました。

リモワはドイツ・ケルンが本拠地で、ジュラルミン製(最近は樹脂製も人気が高いですが)のスーツケース、アタッシェを製造する100年以上の歴史を持つ会社です。そのアイデンティティーは表面のリブ加工ですが、これは第二次世界大戦前にルフトハンザで使用(ユンカース52)使用されていたデザインだそうです。

軽量でバランスがよく、少々手荒な扱いをしてもケース自体はもちろん、中身も守ります。かつてワインを数本新聞紙でくるんだだけの梱包で預けましたが、全く問題がありませんでした。むしろ、手荒な扱いをして表面がへこんだり傷ついたりして味わい深いものになります。買った当初よりも使い込むほうがベターになっていく品であり、買った当初が最高の状態で、使っていくうちに興味が失せてゆくものと正反対です。

このスーツケースの片面には、ホテルのステッカーなどをペタペタ貼っていくことにしました。でももう片面は余り張らないようにしています。その結果がこの写真です。

rimowa_omote_13rimowa_ura_13

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

décembre 19, 2004

012_ブリーフケース選び

「わおんた」です。

旅の最中でも日常でも、私はブリーフケースを持ち歩くことが多いのですが、それを選ぶ基準はざっとこんな感じです。

1)底がしっかりしていること
底がフニャっとしていると必要以上の重さを感じるからということと、床に置いたときにヘニャっとなってしまうのが何となく格好悪いからです。

2)メインルームの仕切りがないこと
入れるものが制限されるのは使いづらいと感じるためです。

3)外側にサッと取り出せるポケットがあること
チケットや小物類をサッと取り出す必要があるので。

4)カバンの背(持つときの持ち手側)にも財布やカギが入れられるスペースがあること
持ったときの自分側に貴重品類を入れておくことで、取り出し易さと安全性が両立されるからです。

1)から4)を全て満たしているブリーフケースとして私が推すのは、【サムソナイト・ディバイス】(Samsonite Device)です。

私は2000年頃に購入したB4サイズの黒を持っていますが、何と言っても、書類でもパソコンでも、時にはスーツなども入るしまう懐の深さが最大の魅力です。そして、拡張する胃袋のように、入れても入れてもまだ入り、しかも詰め込んでも型崩れしない素晴らしさ。ケータイや小銭などがすぐ取り出せるように設計されたポケットも心憎い配慮です。文句のつけどころの無いスペックで、価格は2万5千円程度とコストパフォーマンスは高いと思います。

ただ、どこでも手に入るので余り個性的ではなく、実用一点張りで遊び心が少なく、持っていても人に余り自慢できないところが欠点といえば欠点ですが。

わおんた

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

décembre 16, 2004

011_カバン好き

「わおんた」です。

単なるモノを移動させる手段としてのカバンにこれほどまで興味を持つのは何故だろう、と自分でも不思議になります。特にコレクションをしているわけではないのですが、結果的には、10点以上のカバンやスーツケースを所有しています。

仕事柄、海外に出張することが多いので、空港や現地での取り回しのし易さ、耐久性、そして目立つことを基準として選んでいます。

そんな基準で選んだのが、リモワ3点、ハートマン2点、吉田カバン3点、トゥーミ(Tumi)1点、グッチ1点、UA Laggage(ユナイテッドアローズのオリジナル)1点、サムソナイト1点などです。過去を振り返ればまだまだあります。

カバンの真価が発揮されるのは旅であり、優劣のほとんどが見えてきます。移動の多い旅ならなおさらです。その結果分かったのは、「良いカバン」というのは、重いものを入れても天秤棒の中心を持つようにバランスが良く、想像以上に重さを感じさせないということです。逆に言えば、どんな高級ブランドのカバンでも、それが「良いカバン」たり得ないということです。

上で書いたことと矛盾しますが、自分なりの基準で手に入れたカバンでも「良いカバン」ではないものもあります。上に書いているカバンの中には、1回使っただけでその後はお蔵入りしているものもあります。逆にボロボロになっているのに手放せないカバンもあります。

そんな愛すべきカバン達のこと、失敗談、理想のカバンなどを、次回から(不定期ですが)書いていこうと思っています。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)