août 04, 2005

039_世界のマッサージ屋から(インド編)

わおんたです。

インドでのマッサージといえば「アーユルヴェーダ」が有名ですが、私はまだ体験したことがありません。

とくに、仰向けになって額にシロいゴマ油(他の油のときもある)をダラーと垂らす「シロダーラ」などやってみたいのですけどね。


で、唯一のマッサージ体験は、4年ほど前のコルカタ(カルカッタ)滞在時でした。

別の地方都市から午前中にコルカタに移動し、日本への帰国が翌日であったので、午後がポッカリ空いてしまいました。

コルカタに着いたとたん、急に「凝る肩」になったので、泊っていたタージ・ベンガルホテルのジムでマッサージを受けることにしました。

実のところ、マッサージの質については余り期待していなかったので、好奇心からの体験でもありました。

ジムに着き、浴衣?みたいなものに着替え、別の間に通されました。どうせインド人のおっさんなんだろうなあ?と思っていた矢先、予想通り、ターバンを巻いた男が入室。

裸になれと。

下は脱がなくてもよい(おお、よかった)。


で、予想通り、ギューギュー力まかせに押すヘタクソマッサージ・・・


だと思いきや、意外と首筋から頭にかけては、ツボにはまるところもあり、悪くはナイな・・・との印象。


でも、なぜかそのおっさん、首や頭をマッサージするときは、やけに体を密着させたがる。

「うわー」と思うも、頭を押さえられているから、避けられない。まあいいか、取って食われる訳でなし。大声を出しゃいいんだし。


最後は、タイマッサージよろしくアクロバティックな体勢で終わり。


60分のマッサージで、おっさん最後は「ハーハー」いってましたが、かなり体力的にきつかった模様。まさか別の意味ではないと思うが。

記憶が定かではないが、これで日本円で1500円程度だったとの記憶。インドとしては高いが、まあ高級ホテル内だからしょうがないね。

わおんた

| | Commentaires (27) | TrackBack (0)

mai 16, 2005

036_健康グッズ好き(100円ショップ編①)

わおんたです。

私のよく行く「ダイソー」は健康グッズも充実しているので、楽しみなスポットのひとつです。

代表作は、この2点(2点目は次回ご紹介します)。

ひとつめは、【タマ君】と呼ぶこいつら↓


tama


足裏のツボ刺激用として使っています。

以前はゴルフボールでしたが、なんだかツボに当らないし気持ちよくないと思っていたところに、この【タマ君】に出会いました。

足裏で転がしてみると、「こ、こ、これは!」と思うくらい、足裏マッサージ(台湾式の痛いやつ)と同じイタキモ状態!

私の場合、肩と腰と腸のツボの部分が痛いのですが、これですと歯を磨いたりするちょっとした時間に出来るので、毎日少しずつ直すことが出来ます(といっても肩こりは毎日更新されるので、毎日痛いですが)。

ちなみに、写真の右側がちょっと大きく見えますが、実際も微妙に大きいので、TPOに応じて(どんな?)使い分けられます。

ちょっとした「惑星あそび」にも使えます(どんなあそびや?)


わおんた

| | Commentaires (1) | TrackBack (0)

mai 06, 2005

035_世界のマッサージ屋から(インドネシア編)

インドネシアの代表的なマッサージとしては、「マンディー・ルルール」と「クリームバス」が挙げられますが、印象的なのは「クリームバス」。

頭のマッサージであるクリームバスはエステなどにも勿論ありますが、7年ほど前にジャカルタ近郊の町にいたとき、近所のマタハリ(MATAHARI)デパートの中の美容室とちょっと先の床屋でクリームバスをやっていました。

しかも、値段は日本円で100円くらいと激安だったような記憶(もっと安かったかも。何せ当時は「通貨危機」の時代で、インドネシアルピアはすさまじく暴落した時期でしたから)。

まずは鏡の前に座って、冷たいクリーム状あるいはジェル状のものを髪に塗りたくります。

そのあと、おもむろに、手全体を使って、頭をすごい力で揉み込みます。揉むというより、粘土をこねるという感じ。

これがかなり痛く、でも気持ちがよいのです。頭が凝っていたり、突っ張っていたりする時は本当に最高!

手の全体を使っているので、マッサージの大きなうねりが何度も何度も休みなく来る感じ(といっても分かるかなあ)

頭のてっぺんのみならず、こめかみの辺りや、前頭葉、後頭部も順番にやってくれます。

ときどき首筋に下りてきます。これもちょっとした一服となります。

これが15分くらい続き、そのあと、肩と背中のマッサージですが、これは駄目。全然気持ちよくない(もちろん、店にも依るでしょうが)。

終わる頃には、何となく頭が筋肉痛っぽくなっています。が、極め付きハードなヘッドマッサージがお好みなら、観光地的なエステより、街中の地元の美容院・床屋がお勧めです。

わおんた

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

avril 22, 2005

031_凝り自慢

わおんたです。

自慢じゃありませんが(といいながら、タイトルにも「自慢」と書いてありますが)、私は凝り自慢。

特に、背骨のすぐ左右の肩甲骨あたりがどうしようもなく凝ります。

ただ凝っているだけならまだいいのですが、右側の凝りが持病の偏頭痛を引き起こすため、始末が悪い・・・

最初は、凝っているという自覚症状に始まり、だんだん上に上がってきて、肩から首筋が凝り出します。そうなると、もう頭に上るのは時間の問題で、その日いちにちが不快になりますし、会社も休む日があります。

つらいなあ~、と、ため息をつく一方、「凝っている」ということは、マッサージ楽しめること。これはうれしい。

マッサージ屋巡りは、私の趣味の一つです。仕事がら海外出張の多い私は、出張先でマッサージ屋を探すことを無上の楽しみにしています。

街でなかなか探せなくても、ホテルの中にあったりします。

また、健康グッズ好きでもあり、オフィスにはもちろん、出張にも同行させる「仲間」がいます。何度ピンチを救われたことか・・・


これから、不定期に、そんなマッサージや健康グッズを書いていこうかと思っています。

わおんた

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)